3Dプリンティングでのプロトタイピング

3Dプリント技術によるサーフェスデザインのプロトタイプベース開発

3Dプリンターは今もなお進化を続けており、非常に優れた再現性を持つプリンターが登場しております。弊社ではそのテクノロジーを活用し、サーフェスデザインによるプロトタイプ作成を高速に実現致します。

SURFACE STUDIOに設置している「Figure4」は非常に高速な造形スピードを有し、一貫した高品質な造形を可能に致します。解像度の高い造形が可能であり、微細な表現を前提とするサーフェス形状でも十分な品質のサンプルを、その場で造形する事が可能となります。

 

 

デザインプロセスを再考する

弊社のサーフェス開発においては、3Dデータをベースに作成する為、プロジェクトがどのような進捗で有っても、実際に出力し、手元で確認をすることが可能です。

また、複数の高さバリエーション、曲面に反映した際のテクスチャーの見え方などがリアルタイムで確認できるという、3Dプリンターならではのメリットを享受しながら、繰り返しデザインデータを作成し、作りこんでいく事が出来ます。

実際のプリンタ成形品を確認しながら、即時にデジタルデータを変形させるプロセスは、さまざまな3Dソフトの中でも、Geomagic Freeformのボクセルデータが効果的です。

ミクロン単位での高さの制御や、サーフェスデータのグラデーションなどをボクセル単位でコントロールし、すぐに3Dプリント用のデータを作成する事ができます。3Dプリンターをサーフェスデザインのプロセスに組み込むことで、デジタル化のメリットを、より具体的に体験できるようになります。

特集_3Dプリント_イメージ02 特集_3Dプリント_イメージ03

テキストのコピーはできません。